ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« NFB型トーン・コントロールについて。1956年刊行誌に学ぶ。 | メイン | 真空管FMラジオのIFにはシャープカットオフ or リモートカットオフ?。 »

2017年8月15日 (火)

真空管FMラジオでの検波方式。AFC。  真空管の等価雑音抵抗。 回路案0815。

Rrlk9

K9

Rgs

「真空管FMラジオ 自作」で検索すると、2014年の記事がhitする。

***********************************

マーカー基板ver2がまだshipping中で日本に上陸できていない。川崎税関に届いてもいない。

それでは少しFM検波回路について学習しておく。

1,ロックド・オシレーター検波

  昔にオイラ実験していた。web上ではどうもオイラぐらいらしい。半導体デバイスではこの検波方式は出来ないと想う。ラジオ自作派なら経験しておくべき方式。

2,レシオ検波

  今使おうとしている検波用IFTはこの検波方式

3,フォスター・シーレー検波

4,スロープ検波

と有名な方式がある。

****************************

FM検波器は周波数変化に敏感な回路だから、AFCはかなり必要になる。松下電器では真空管FMラジオの上位機種にだけAFC採用されている。

AFCはリアクタンス管或いはバリキャップで行なう。簡便にはバリキャップだが、同調回路でのQが落ちる。今回は球数を考えるとバリキャップになりそうだ。

*****************************************

真空管の等価雑音抵抗についても多少は考える必要がある。 家電メーカーが使っている球よりも等価雑音抵抗の小さい球がある。言わばFMのIF用として開発された球もある。

回路図案0815。 IF2段でリミッター回路を載せてみた。 IF3段だとリミッター回路はついているが、2段ではやや珍しい。

056

AFCはまだ未検討。

消費電流は50mAだろう。トーンコントロールも入れた。AF段のバイアスは、-1V,-1V,-12V。

マジックアイへの接続は違うような気もするが、置いて見た。

表示部はLC7265。ここに情報がある。

 

005

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34077164

真空管FMラジオでの検波方式。AFC。  真空管の等価雑音抵抗。 回路案0815。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ