Powered by Six Apart

« 真空管FMラジオでの検波方式。AFC。  真空管の等価雑音抵抗。 回路案0815。 | メイン | 半田つけは、 有鉛 or 無鉛、どちらの半田がよいか? »

2017年8月15日 (火)

真空管FMラジオのIFにはシャープカットオフ or リモートカットオフ?。

*****************************

◇AM放送を受信する真空管ラジオでは、IF段にリモートカットオフ(セミリモートカットオフ)球が使われている。

オイラのような田舎ではラジオ電波がかなり弱いので、IF1段のラジオならばシャープカットオフ球を載せてもカットオフ点までラジオ信号が印加されない。

自作のIF2段ラジオでの検波出力を検波管直後でVTVMにて測ると、0.7Vで頭打ちになった。SSGから有線で信号を入れていくと0.7Vを超えられなかった。 この数値を元にAF初段(カソードバイアス)のバイアスは-1Vネライになっている。

◇FM受信回路のリミッターについて

P1010003

上記のように作動説明がされている。 詳細は古本を入手して精読することをお薦めする。 断片的な理解は避けたい。文末にあるが、シャープカットオフ球がmust。

◇有名な「TRIOのリアリステック」の回路。

日本国産初のFM受信機。

P1010005

上記のようにIF段は、すべてシャープカットオフ球。設計上これが正解。 

亜流として① リミッターだけシャープカットオフ  ②IF球すべて リモートカットオフ  の2通りがある。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34077222

真空管FMラジオのIFにはシャープカットオフ or リモートカットオフ?。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ