Powered by Six Apart

« AM変調は奥が深い。雑誌に見られる回路でトライ。CirQ誌に学ぶ。 | メイン | yahooを眺めてていて ??と想った。 »

2017年7月26日 (水)

AM変調は奥が深い。雑誌に見られる回路でトライ。3sk114

14985868200005

 

*******************************************

「教科書的AM変調を 少ないTRで実現できないか?」と、、まだ実験中だ。

過去記事

昨日は雑誌回路通りにしてみたが、加算回路との違いが判り難いままだ。

今日はG1⇔G2をチェンジした回路でトライ。

080

081

082

まったく波形はだめ。

試しにG1の電圧を0.008Vにまで下げてみたが改善されない.

G1⇔G2しても雑誌記載回路では動作点をずらしても、目的波形には届かない。「動作点が、、、、」で補正効く気配はない。

◇下の写真はAF信号を入力をstopし、99.5%変調のSSG信号をRF入力させたもの。教科書的波形が確認できるので計測方法はこれでよいと想う。

083

と闇の中に居る。

オイラはここに挙げたようにお馬鹿である。FA機械設計屋であるが、電機プロエンジニアではない。電機プロでないゆえに、実験で確認していくことを基本とする。その結果、data sheetの妖しいさに気つくこともある。

今の処、雑誌掲載回路では望む答えに到達しない??処まできた。

*******************************

トランジスタ回路の学習本に「差動回路」の理論説明と実回路が載っていた。 実回路通りにしたが波形はこの波形と同じ。式では乗算だが、波形結果は加算との差が確認できない。 波形から「1段の差動回路」or「加算回路」の判定はちょっと無理。

***************************

結論的には、波形でみると加算回路のままで、乗算にはならない。 乗算作動になる動作点が1点あるかも知れないが いつ出会えるか不明。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34074051

AM変調は奥が深い。雑誌に見られる回路でトライ。3sk114を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ