Powered by Six Apart

« ポケロク(JF1RNR氏)トランシーバー記事に学ぶ。TA7358P通電実験した。② | メイン | ネクストエナジーさんは太陽光発電業界で超大手です。 »

2017年6月14日 (水)

TA7358Pのクランピングダイオード(内蔵)呪縛。通電実験した③

 

Leg_aae_194

*****************************

先日から通電確認中のTA7358Pだ。ここから始まった。

頭脳が「真空管ラジオ」でほぼ占められていたが、ようやく霧中から抜け出たようだ。

下の波形のように1Voutまではクリップしなくした。(左側がout,右側がin)

053

◇1vレンジで観測。

055

◇クランピングダイオード呪縛がかかった波形

054

out0.5vほどでこのクリップ。

昨日は0.35vOUT程度まで脱出中であったが、0.7Vの壁を乗り越えられた。

「なんのこっちゃ?」のお方は居ないと想うが、ここ半年ほどでラジオ工作を始めた方向けには「ta7358 クランピングダイオード」で検索を推奨する。

と、TA7358はダイオード内蔵のことが判る。このダイオード起因のクランピング歪を考慮した製作記事は少数派になる。

◇まあ呪縛から脱出したらしい。

実験ノートには詳細情報を書き込んだ。

下の表は再掲である。

005

40年前には、Low noiseには2SA1015L または2SC1815Lが東芝から推奨されている。eqむけには、2SC2240,2SA970とaudio amp 製作者ならご存知の型番が並んでいる。

mic amp部は2SC2240あるいは2SA1015L,2SC1815Lで組むのが筋だろう。Low noise品の2SC1815Lは市場にまだあるのか? 無いのか?。UTCの1815Lは駄目だ。mic amp初段はLow noise品にするのが、回路設計では一般的である。

2SC2240と2SC1815Lとデータシートを見比べてみた。mic ampにはやはり圧倒的に2SC1815L(Low noise)だろうと、、。

yahooでは東芝の1815Lが100円/1個くらいで売られていた。 ワイヤレスマイクや無線機の自作派はmic 回路初段には1815Lがmustに近いだろうと、、同等のローノイズ品はあるか?ないか?

まあ、同等品があるようならこんな値段になっちゃいないね。 

次は何を確認すればよかったのかなあ?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34066372

TA7358Pのクランピングダイオード(内蔵)呪縛。通電実験した③を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

カテゴリ