Powered by Six Apart

« 51.455MHzー0.455=51.00MHz。 ラジオカウンターで50MHz帯周波数表示。 | メイン | 2SC1815L と2SA1015L。それに2SC2240. »

2017年4月12日 (水)

TA7069は1977年のハンドブックに記載あり。

***********************************

MIXERに使える IC.+Bは30VまでOK.

このICで信号とOSCをMIXしてやれば良い。

1977年に販売開始された集積回路品だ。WEB検索しても左記のことは載っていないね。やはりICハンドブックは手元に必要だ。

Dsc_00091

適正入力としてはP-Pで0.2V. 「WEB上では過入力じゃないか?」の回路もあるが 実際通電してみるまで謎ではある。24V駆動で0.2V in. 駆動電圧が低きゃ inも減らすしかないだろう。

初段は低ノイズトランジスタで15dBほどゲインを稼いでこれに注入したほうがよいだろう。NFBを何dB掛けて初段にしようかと構想中。

Power gainは58MHzで23dBとあるので用途はかなりあるね。

データ取りは24Vで行なわれている。12Vや15Vでなく24Vである。 「このことは深い意味を持つ」ことは判るだろう。 


YouTube: ハム音の比較にどうぞ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34054785

TA7069は1977年のハンドブックに記載あり。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ