Powered by Six Apart

« 2バンド GT管球ラジオに マジックアイ追加した。 | メイン | 次の管球ラジオ工作は、 C同調IFTのラジオ  2バンド »

2016年2月24日 (水)

2バンド GT管球ラジオに 周波数の微調整化した。(バリキャップ)

黒田バズーカはやっぱり空砲だった・

と話題らしい。

安倍先生から

ヒトが少しずつ距離を置きだしたね。

そこへもって、

>1日当たり1000億円規模で年金買いが観測されている」(外資系証券トレーダー)

の記事まで登場してきた。

オイラの預けた年金額は△△△万円だが、戻ってくるのは2~3割りか???

*****************************

昨日の続きです。

短波帯ラジオではサブバリコンなどによるfine tuningが必要な事が多い。メカニカルで1:200などの減速比を造れば 副同調回路は不要だと想う。機械設計屋なので図は書けるが、高コストになるゆえ尻込みする。

安価なfine tuningでは第一位バリキャップ。材料費は200円くらいだろう。

①バンド上限を7500kHzにした。(oscコイルのコアを抜いていくと8MHz近くまであがる)

151

fine tuningツマミは数字2。

152

fine tuningツマミは数字9。概ね15kHzほど可変する。 

②バンド下限

153

3.5~7.5MHzのamature radioを聴くに具合良いバンド幅にしてある。(バンド区分ではSHに為る)

短波帯のバンド区分呼称は、ポータブル・ラジオのページさんが詳しい。多謝 web master殿.

154

155

短波ラジオを製作するのにあたり苦労する点は無いが、oscコイルを手巻きするのがやや面倒。

バリキャップはカタログ値の可変量が多いのはNG。必要な可変量は計算で算出できる方が多いはずのなので割愛する。

********************************

BC帯OSCコイルはラジオ少年の領布品。

SHバンドのOSCコイルはハンドメイド。

バリミュー管は6SD7を2球。

先達が推奨するように低歪みを狙ってAVCと検波信号は別ライン。

軽度なNFB.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33750495

2バンド GT管球ラジオに 周波数の微調整化した。(バリキャップ)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ