Powered by Six Apart

« 2バンド GT管球ラジオに 周波数の微調整化した。(バリキャップ) | メイン | 今朝の分水嶺 »

2016年2月27日 (土)

次の管球ラジオ工作は、 C同調IFTのラジオ  2バンド

**************************

自作ラジオも70台越えしてしまった。

真空管ラジオの良い点は、連続で10時間聴いていても「聴き疲れ」がないことだろう。

CDの音をSOLID  STATE のPIONEER で聞くと「聴き疲れする」

C同調のIFT。 「コアが丸見えのタイプ」

171

172

173

GT管でつくる。 2016年では初GT管ラジオ。2banderの予定。真空管でSHバンドのラジオ工作している人数はかなり少ない。

6SQ7がレアぽくなってきている。 

今回は6AQ7。 この球なら数本 持っている。

6AQ7はガラスしかまだ知らない。メタルがあるなら買いだな。

 

天候が良ければ、黒色化してみたい。急がずにまとめたい。端午の節句ころには鳴っていると想う。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33752283

次の管球ラジオ工作は、 C同調IFTのラジオ  2バンド を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ