Powered by Six Apart

« 真空管ラジオ ミニチュア管の小型スーパー  6GH8,3AV6,3BE6  電源トランス換装 | メイン | 日立の真空管ラジオ  3バンド »

2015年12月 9日 (水)

TRIOのトライアンプ  AF-20 2号機 メンテンス その4 FM調整

A2ffe59118d5d478634147ec15c7c698400

「9-3÷1/3+1」が計算できなくて大丈夫なのか

出来ないのに技術者を名乗れる日本。

諸外国に技術面で負けてみれば、己の国の実力もわかる。

「サイン、コサインって何ですか?」って水準がFA会社の社員として配線・組み立て・部品加工をしている現状だよね。もちろん年配者が去ると会社の幹部になる。

場末の高校からだと応募が多いから、求人を多数掛けるのは内緒。アルファベットのABCを読めない学生を採用してどうしたいのだろ??

*****************************

先日の続きです。

MAIN VRを新品に交換した。

FUSEを入れて、SW オン。

まず AMモードでBC帯をあわせる。 455KhzのIFTが結構ずれていた。

peakに合わせて、nhkが聴こえてきた。 ただsnow noizeのようなのが今日は強い。

★次にFM帯の調整。

  HOW TO TUNEは古書を読むことを薦める。

 TRIO,PANASONIC,東芝、日立など家電ラジオメーカーのIFTは、天側が1次側なので、 下の写真のIFT合わせが重要。

049

最初はFM帯も何もきこえなかった。IFTがとてもずれていた。

バンドは78Mhz~89.9Mhzにあわせた。 感度調整ももちろん行なった。

2mの室内電線でしっかり聴こえる。


YouTube: AF-22 FM調整中

you tube側で、音が消されてるみたいだな。

マジックアイがかなりお疲れです。

さて、これは音が消されずに再生するか?


YouTube: TRIOのトライアンプ  AF-20 2号機 メンテンス

パネルにクラックが入っていてやや残念ですが、6BM8のPP音を聴くには手頃サイズです。

********************************

以上、メンテナンスでした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33674191

TRIOのトライアンプ  AF-20 2号機 メンテンス その4 FM調整を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ