Powered by Six Apart

« 真空管ラジオ ミニチュア管の小型スーパー  6LM8,3AV6   通電した。 | メイン | 真空管ラジオ ミニチュア管の小型スーパー  6GH8,3AV6,3BE6  電源トランス換装 »

2015年12月 7日 (月)

TRIOのトライアンプ  AF-20 2号機 メンテンス その3 ヒューズ飛んだ

02_2014022408004900d

Itoumaiko041up

シャープの液晶製造が2014~15年で上手くいかなくなったのだが、

シャープがある大手に「製造設備の設計・製作」を任せたmachineが上手に動作しなかった事が、かなり前から田舎住まいのオイラの処にも聴こえてきている。

自社開発の製造設備でなかったのが痛かったようだ。

書けるのはここまで。

*******************************

前回が11月7日だったので1ケ月振りです。

通電して455Khz信号をいれたら、通常より弱くOUTしてきた。

IFTを回そうとしたら、天側が壊れた。⇒はがした。

038

はい、割れました。不器用ですから、、。

037

部品取りのAF-10(後期)から、剥がしてもよいが、

半端なTRIO IFTから持ってきた。 455Khz IFTのフェライトの種類が沢山あるとは思えないので、何とかなる?

039

で、通電して455Khz調整が終了。感度も出てきたが、初号機よりは聴こえない。

VRがバリバリ言うので要交換、

一旦、電源を断して、 再度、電源投入したら、光った。バチッと音もした。

040

041

042

このコンデンサーは1kv耐圧だった記憶。前回、飛んだ時もコールドスタートではokだが、再投入で割れた。

2kv耐圧ならばokなのか?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33672185

TRIOのトライアンプ  AF-20 2号機 メンテンス その3 ヒューズ飛んだを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ