Powered by Six Apart

« TRIOのトライアンプ  AF-20 2号機 メンテンス その3 ヒューズ飛んだ | メイン | TRIOのトライアンプ  AF-20 2号機 メンテンス その4 FM調整 »

2015年12月 8日 (火)

真空管ラジオ ミニチュア管の小型スーパー  6GH8,3AV6,3BE6  電源トランス換装

***************************

続きです。

電源トランスを BT-0V(20mA)⇒BT-1V(40mA)にUPした。

043

044

背面は見てくれがよくない。

★下の写真は、NHKを受信中。

045

聴こえるラジオには成った。

問題点(改善すべき課題)

①AF2段にしては、AFのゲインが6~10dB不足。今回は3極+3極の2段。

 これは球とout トランスに起因する。

②AFの周波数特性が900Hzがピーク。3Khzだと8dBほど垂れていて聴感上もわかる

 これはOUTトランスに起因する。

③信号をAF部にいれると 1.1Kz~1.3Khzで共振音が遠くでビビリ音として聴こえる。

 これは初の事。 電源トランス下のビスとわずかに接触しているぽい。

④ 今回のspはやや音割れする。 外部spにするとすっきりした音で鳴る。

046

6LM8を刺すと発振した。理由は検討がつく。もっと軽い動作させる球のようだ。

3av6+3be6も体験したので、とても安価な3AV6も今後使おうと想う。

6GH8の3極部のバイアスは7Vだった。IPは7mAとまあま。

下の写真のように3AV6の電圧ゲインは31dBだ。

047

感度はIF1段のラジオそのもの。 

電源トランス搭載で小型のラジオにトライした製作例。

★次には、

OUTトランスで小型ものはラジオ少年のものになるので、従来採用してきた「20K:8Ω」に戻す。こちらの方が特性が良さそう。

IF段が1段なので ゲイン余裕がないので、 AF部はゲインを沢山取るようにする。

********************************

第157作番目。

補足として自作IF2段ラジオでは

AF初段のバイアスは1V,AF2段目のバイアスは8~12Vに概ね合わせている。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33673283

真空管ラジオ ミニチュア管の小型スーパー  6GH8,3AV6,3BE6  電源トランス換装を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ