Powered by Six Apart

« 真空管ラジオの製作      5球スーパー マジックアイ 6E2 5号機 | メイン | メンテナンス TRIO AF-20 その4 FM IFT »

2015年10月23日 (金)

真空管ラジオの製作   5球スーパー マジックアイ 6E2 5号機 通電した。

旭化成建材さんの 傾いたマンション事案は、

「現場責任者が派遣だった」とか流れてますね。

「要は丸投げして管理費の名目で数字を造っていた」ってことでしょうか?

新自由主義の当然の帰結ですね。

オイラは、コア技術を持つ社員を首切りした家電系会社を思い出しました。 日本国は、技術に対する評価が低いので、このような事案はこれからもどんどん続くでしょうね。

韓国の家電系会社の技術センターが日本国の関東地域にあるのですが、これはどうしてでしょうか?

********************************

通電した。

065

1st IFTのチタコンは200PF.

2nd IFTでは120PFが付いていた。

IFのゲイン過多による発振もなく、素直に感度が取れている。

066

VRを絞ってのSP端でのVTVM値は、0.5mV。

いわゆる残留ノイズですね。

あとは外装を整えて終了。

************************

検波にダイオードを使うと 硬めに音がシフトする。音のキレはよく成る。

検波管に6AL5を使った場合と6AV6の検波音も全く異なる。

オールナイト ニッポンを聴くには6AL5の方が良い。

6AQ5のSGに整流ダイオードを入れるとかなりキレはよく成る。が,オイラの好みの音色ではない。

091

第149番の製作

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33620031

真空管ラジオの製作   5球スーパー マジックアイ 6E2 5号機 通電した。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ