Powered by Six Apart

« 真空管ラジオの製作   5球スーパー マジックアイ 6E2 5号機 通電した。 | メイン | メンテナンス TRIO AF-20 その5 MIX側 »

2015年10月24日 (土)

メンテナンス TRIO AF-20 その4 FM IFT

★まあ「セブンイレブンの本体はブラックだ」ってのは、

20年ほど前から知ってはいたが この9月に判例もでた。 

フランチャイズ方式の怪しさも記事にようやくできる国になった。

ご存知のようにブラック企業のtopは日本人が圧倒的に多い。

★マンションの傾き事案は、第二下請けの社名が報道されない不自然な状態。

土木業界では 「どうして報道されないのか?」となっている模様。

杭の下穴深さは充分にあったようだ。

***********************

IF球の6BL8が多数届いて、交換しつつFM帯の確認した。

FM IFTのコアを回しても今日は反応がないIFTがあった。

先日は確かにPEAKがとれたのに、今日は取れない。

067

外装を剥がしてチタコンを換えた。

TRIOのIFTは1次側10PFのことが多い。

AF-20は

AF-10と同じように12AX7を使うとAMもそこそこ音量が上がる。

AF-20で12AU7を採用したネライは何だろう?

FM信号が流れるCRは交換した。

069

FM帯の受信波形

FMの感度もまあまあ、77.8Mhzから聴こえるように合わせた。

068

FM側チタコンを換えたらAMの感度もあがって、NHKがしっかりはっきり聴こえるラジオになった。5球スーパーにしては良い感度。かなり見直した。 AF-10では苦労中だが、AF-20は発振することもなく聴こえる。この感度で12AX7ならば五月蝿すぎる。 12AU7で妥当だ。

070

もう少しFMの感度を追い込んでみる。

ほぼメンテ終了。

************************************

AF-20  概要

6AQ8  FMフロントエンド+FM OSC

6BL8   FM MIX +1st IF (AM/FM)

6BA6   FM 2nd IF

6AL5   FM検波

6BE6    BC/SW  ヘテロダイン

12AU7   AM検波+1st AF

6BM8x2   出力段

6CA4

BC/SW/FMの3バンド  +外部入力

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33621017

メンテナンス TRIO AF-20 その4 FM IFTを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ