Powered by Six Apart

« C同調 IFT でもう1台 GT管ラジオ  SPサイズは10cm | メイン | TRIOのトライアンプ  AF-10 通電した。FM受信中 »

2015年6月21日 (日)

TRIOのトライアンプ  AF-10 通電した。 ボボボと発振中せず。

Yuuyaketrendnewsotoriyosenetwpconte

***********************************

続きです

細工をした。前回記事でヒントを上げておいたように電解コンを足した。

060

6GK5など高増幅の3極管では、電源のCは多めにするのがポイント。これ豆知識。

この回路図上の数値では足らないはず。

上の写真のように、AUXからいれた波形が出てきた。

AUXの読みを知らない方は、きちんと学習した方が良い。エーユーエックスとは読まないことは知っているはず。TONEをティーオーエヌイーと読みますか?

061

TONEも生きている。

BASS VRの8分目からボボボと成るが、己の100Vハムを吸い込んで発振している気配。

MAIN VRも8分目でボボボとなるが、VRを絞り気味でAUXから強く入れると4W以上OUTしてもボボボとはならない。 VR周辺で余計なものの影響を受けているんだろうな。

★奇怪しいマイラーコンデンサーを交換した。

SGからAMの455Kz信号を入れてみた。

062

100Vハムで波形が揺れている。一応生きているが40dB以上ゲインが足らないので

球がお疲れなのか?

FMの10.7Mhzも波形でたが、AM同様に弱い。

波形が出たので、ほっとした。

MAIN VRを回すとバリッバリッと来る。 トランジスタラジオでVR後の結合コンデンサー極性を間違えた感じによく似ている。

続く

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33444201

TRIOのトライアンプ  AF-10 通電した。 ボボボと発振中せず。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ