Powered by Six Apart

« TRIOのトライアンプ  AF-10 通電した。 ボボボと発振中せず。 | メイン | TRIOのトライアンプ  AF-10 通電した。AM部は変更中。 »

2015年6月21日 (日)

TRIOのトライアンプ  AF-10 通電した。FM受信中

23c9120cs

******************************

AF-10の続きです。

幾つか部品を換えた。

064

ラジオ部からの信号が妙に弱かったのは、この灰色コンデンサーが原因。

BASS VRで VR8分でボボボと来たのは、この黒色コンデンサーが原因。

部品が駄目ってことのようだ。

065

AMはラジオノイズが聴こえるようにはなったが感度がまだ足らない。

6BE6,6BA6は交換したが改善しない。 2nd IFTそのものは感度peakからかなり外してあった。 メーカー側で離調してあった理由がまだ不明。

実放送がまだ聴こえない。 初期状態を知らないので、「もっと感度が良かったのか?」が判らない。オイラの環境だと5球スーパーでは NHKがかつかつにしか聴こえないので、本機の判断に困る。

SGからAM信号を入れた感じではIFのゲインはまあまあだが、アンテナコイルでの感度が足らない。とりわけ下側がすかすか。

063

★回路図にはない部品が3点。 MAIN VR(1MΩ)に吊り下がっている。

回り込み発振の防止対策のようだ。チタコン+セラミックコン+抵抗。

このSITEを見にくる人ならば、CとRによる共振回路の計算はできるはず。

066

FMは良好に聴こえた。



YouTube: 春日無線 AF-10  修理調整中

AFCの効き具合がもうひとつだが、こんなものか?

****************************

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33444993

TRIOのトライアンプ  AF-10 通電した。FM受信中を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ