Powered by Six Apart

« メンテナンス UM-680  ジャイロ式バーアンテナ  通電した。 | メイン | TRIOのトライアンプ  AF-10 通電した。 ボボボと発振中せず。 »

2015年6月19日 (金)

C同調 IFT でもう1台 GT管ラジオ  SPサイズは10cm

**************************

ボボボと発振中のメーカー製ラジオは、発振を回避する術が見つからないので

c同調で1台造った。

055

058

056

6V6の音は、10cmサイズではその良さが表現できない。

057

左は先日のST管スーパー

***************************

第136番目の製作品

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33443159

C同調 IFT でもう1台 GT管ラジオ  SPサイズは10cmを参照しているブログ:

コメント

こんにちは。

この頃はコメントするのも恥ずかしいのでただただ見入って感心しています。

ここまで突き詰めて真空管ラジオを作っている人もいないのではないでしょうか。

それ程やっているからこそヤフオクでも皆さんの信用を得てそれが出品物への値段として反映しているのだと思います。

これからも参考にさせて頂きますので宜しくお願い致します。

う~ん、
ラジオ工作する方々は減っているようですね。
ラジオを造るのは技術の範囲になるのでしょうね。次世代へ物つくりを伝えたいですね。


ST管はGT管・MT管とは挙動が違いますが、
文字情報では上がってないようです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ