Powered by Six Apart

« メタル管 6AG7 6SS7 6SA7 の ラジオ工作 その2 残留ノイズ。 | メイン | TELEVIAN Hi-Fi SUPERラジオ 「型式 6S-350」 のメンテナンス その3 »

2015年5月 5日 (火)

TELEVIAN Hi-Fi SUPERラジオ 「型式 6S-350」 のメンテナンス その2

Koizumi_20081008223101

 

********************************

テレビアン 6S-350の続きです。

①電気的寿命がきていそうなコンデンサーは交換した。

015

②とりわけVR後の104がしっかりオープンだった。

鳴らない原因はコンデンサーにあったようだ。

016

③2nd IFTのF表記が6BA6の5番ピンにつながっている。

1st IFTとは逆相になっている。 これは、「相が回らない向き」に配置するgoodな配置。

⇒過去の記事参照

山中電機のエンジニアは、「IFTの向き」に着目してたんだナ。オイラと同じだ。

017

④通電してみた。

波形は出た。2nd IFTがズレていたので、コアを2回転ほどまわしてピーク合わせした。

018

⑤切っ掛けが不明だが、ボボボと発振中。

019

周期は、60Hz。

⑥「平滑回路でリップルが酷い??」と思い、+Bをオシロ診た。

020

⑦「さて、どうしようか?」とシャーシ内部をよく見たら、

写真①のように6BE6のSG端子に0.1μF を吊るしていなかった。

発振の切っ掛けなしで、OSCできていたのか、、。

OSCコイルを6BE6の近傍に置くと0.1μFなしでも発振できる。オイラも何回か、そういうラジオを自作した。短波OSCまで、このレイアウトではちょっと両者の距離がありすぎる。

取りあえず、0.1μFを6BE6の6番ピンに吊るした。

それで、ボボボは治まった。NHKを1時間鳴らしてもボボボと来ない。

⑧ウッドケースに戻した。

021

ボリュームを上げた。

ボボボと発振来た。不安定だな。

⑨プラスチック棒でトントンした。

022

1st IFTが、ハウリングぽく、返事した。信号が回っている。実にハウリングに似ている。

シャーシ剥き出しでは、1st IFTをトントンしても平気だったのに。

スピーカーが 渋い位置にあるからか?

今想うに、IFTと球の配置、それに配線ルートの悪い処があるんだろう。

★IFTと真空管を千鳥配置にすると結構トラブルが多い。このIFTはこの6E2ラジオで使ったIFTによく似てる。同じタイプなら、伝達ロスが極めて少ないタイプ。SG電圧を20~50V程度まで下げることも必要。

今日は、やや疲れた。 そのうちにまた触ってみる。

***********************

続きます。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33390895

TELEVIAN Hi-Fi SUPERラジオ 「型式 6S-350」 のメンテナンス その2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ