Powered by Six Apart

« 思案中 | メイン | ラジオ工作 6E2 マジックアイ中国製  その1 »

2015年5月12日 (火)

古備前高綱太刀 附 朱塗鞘打刀拵

314156_400

**************************************

刀剣乱舞が流行だそうですね。

古備前高綱太刀 附 朱塗鞘打刀拵が我が一門の棟梁の太刀。

わかる人にはわかりますね。

写真は借りました。

002_img_01

この太刀は、備前で没した棟梁の手を放れどういう経緯か、大きな美術館にある。

没した処には諸説あるが、備前だ。その寺に波長を感じる。本家筋は江戸住まい。

いちます」と読むのが正しい。当人がそう申すのだから、「いちます」なのだよ。

南天より染めし赤旗が、我が一門の旗印。 これも棟梁が私にくれた言葉。 

様々な処での姿絵が「いちます」本人とは違う。血を同じくする者として申し上げる。

「大きな南天が対で建ち並ぶ屋敷を探せ」、それが生家だとオイラに告げてきた。

伊勢の志摩あたりのようだが、探知してもはっきりとは引っ掛からない。



霊能力者たちが、

「棟梁」と「役小角」との関係をオイラに質問してきて困る。

棟梁が梵字に長けているのは事実だが、それ以上のことは知らん。オイラは分家の筆頭筋。

祖は益重なり。



さて、呼ばれたようで高野山にも行った。邪を封印する為の結界が裾から張ってあった。

諏訪神社などの結界とは粘りが違う結界だ。感覚の良い方なら気つくと想う。

ただし、邪が抜け出れる程度の強さ。

あの結界が判らん坊さんはいないと想う。まあ、チカラに欠ける銭坊主も多いが、、。

封するための結界で完璧な物はないだろう。映画等のような強結界は、今は無い。

誰がオイラを呼んだのか?

高野山を訪れるものは、ゆりの花を携えていくとよい。白い開き初めがお好みのようだ。

空海が好きだった花だ。




さて、柳田 國男が申されるように、やはり八幡神社ですな。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33399209

古備前高綱太刀 附 朱塗鞘打刀拵を参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

ウェブページ

カテゴリ