Powered by Six Apart

« バリミューのGT管達 6SK7、 6SS7 、6AB7。 | メイン | 真空管ラジオ GT管 中波&短波 2バンド 2号機 調整中 7150khz »

2015年3月28日 (土)

真空管ラジオ GT管 中波&短波 2バンド 2号機 部品は載せた。

続きです。

去年、GT管の2バンドラジオ自作した。

今年はデジタル表示での2バンドを目指す。

GT管ラジオは10台近く自作したが、検波しきれないIF成分にはやや苦労する。

いつものGT管5球ラジオに短波を追加したのを自作した。

141

右のつまみが「BC⇔短波」の切り替え。

ヘテロダイン検波  ⇒ 6SA7

1st IF    ⇒ 6SK7

2nd IF    ⇒ 6SD7

第二検波 ⇒ 6SQ7

1st AF    ⇒ 6SQ7

2nd AF   ⇒ 6V6

142

写真のように局発コイルが2個。 赤コアはBC帯用。ラジオ少年のOSC-220。

左のOSCコイルが短波用。 このコイルはこの時に用いたOSCコイル。

前回は、コイル配置が拙くてOSCしてくれなかったので、本機はやや配置に注意した。

局発は配置と配線引きまわしで良くも悪くもなるので、回数を重ねて体得するしかないなあ。

まず、BC帯を調整。

その後に短波を触る。

OSC具合をオシロの波形で確認した。

143

上の写真が最低発振周波数。 455Khzを引くひくと4.5Mhz近傍になる。

ラジオ用のデジタル周波数カウンターの入力端でオシロ計測している。仕様によれば0.2V印加すればカウンター計測する。

やはり配置を変えればOSCした。なんとなくベターな「OSCコイルの配置位置」を掴みかけている。

144

上は12Mhz近傍なので455kHZを引くと11.5Mhz前後になる。

そう、受信は4.5~11.5Mhzになる。9R59の目盛りのCバンドにだいたい合わせてみた。

微調整がないとゼロインに苦しいかも??

これから、短波のアンテナコイルを手巻きする。

***********************************

続きます。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33214095

真空管ラジオ GT管 中波&短波 2バンド 2号機 部品は載せた。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ