Powered by Six Apart

« 真空管ラジオの修理  キット品?。 その6    ピン向きを変えた。 | メイン | 5球真空管ラジオの製作  中波・ミニチュア管  IFTはTRIO その1 »

2015年3月 8日 (日)

メンテナンス 真空管 FM/AMラジオ 松下(ナショナル) RE-760 2号機

ナショナルの 真空管 FM/AMラジオ RE-760 を手に入れました。

SWを ONさせても「通電しない」症状だそうです。

018

前回の時は基板が割れてましたが、これはセーフでした。

RE-760の2号機になります。

016

017

前回の経験で、このラジオは平滑抵抗に弱点があることが判っています。

平滑抵抗は5Wタイプにしました。

このラジオの30A5は動作点が浅いので、カソード抵抗を上げてバイアスが4~5V程度になるようにします。

 

019

整流ダイオードをテスターで測ると不通でしたので、交換しました。おそらくこれが原因だと想います。

SP端で計測すると松下のFM/AM 真空管ラジオは、TRIOやONKYOに比べてブーン音が強いのでこのラジオも気掛かりです。

020

***********************************

続きます。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33189847

メンテナンス 真空管 FM/AMラジオ 松下(ナショナル) RE-760 2号機を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ