Powered by Six Apart

« 真空管ラジオの修理  キット品?。 その5    VRを開けた | メイン | メンテナンス 真空管 FM/AMラジオ 松下(ナショナル) RE-760 2号機 »

2015年3月 7日 (土)

真空管ラジオの修理  キット品?。 その6    ピン向きを変えた。

続きです

このSITEを訪れる方は、オイラよりも製作経験が豊富だと想う。

オイラは不器用でお馬鹿ゆえ、試行錯誤が多いのだ。

元々のOSCコイルはボロボロだったので換えた。

011

IFT調整してもゲインがいつもより15dBほど足らない。

おまけに発振気味だ。

+Bは205Vにした。 6BE6のSG電圧は102V。

6BE6には印加適正電圧があることは昔の記事にあるので参照されたし。

IF球のピン向きがもともとよくないので、 剥がして取り付け孔をドリルで開けなおした。

012

014

上の写真のように「1st IFT⇒6BD6」の白線は短くなっている。

6AV6の検波までの信号線が長かったので、今回はダイオードの倍電圧検波にした。

013

IFTをあわせ中。

+Bを225V⇒205Vに下げたらIFが455に成ってきた。コアの入り具合も入手時とほぼ同じなので、この位の電圧で使っていたようだ。

耳も普通になってきた。VRをMAXにすると検波しきれないRF成分が回って発振するので、少しIFゲインを下げることにしよう。

015

トラッキングは、テストループから信号を飛ばして行なう。

後は指針が折れているのを直すこと。

*********************************

ピンの向きはかなり重要。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33188943

真空管ラジオの修理  キット品?。 その6    ピン向きを変えた。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ