Powered by Six Apart

« GT管5球スーパーラジオ製作 シャーシ穴あけ    | メイン | 真空管ラジオの修理  キット品?。 その6    ピン向きを変えた。 »

2015年3月 7日 (土)

真空管ラジオの修理  キット品?。 その5    VRを開けた

続きです。

配線も終わって、テスターで確認していたら

電源のONが出来なかった。

松下のVRをあけてSW側をみた。

007

幾度測ってもONしない。かちゃかちゃと切り替えててもonしない。

まあ使えないな。

008

塗布カーボンに筋がくっきり。

オイラが若い頃世話になっていた会社でも、この松下ボリュームを造っていた。

所謂、松下の協力会社ってやつですな。

009

VRは新品に換装して延長させツマミをつけた。

ようやくスイッチON.

010

波形はでた。+Bは225V。 6BE6向けにはやや高いが取りあえずIFT具合の確認。

IFが447Khz近傍で感度peakになる。 

iftのCを減らす必要がありそうだ。

OSCが生きていないようなので、明日はそれを確認してみる。

今宵は遅いので、もう寝ますね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33187973

真空管ラジオの修理  キット品?。 その5    VRを開けたを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ