Powered by Six Apart

« 春日無線の真空管3バンドラジオ  AF-252 整備中。 シャーシの油汚れ落し | メイン | 春日無線の真空管3バンドラジオ  AF-252 整備中。 通電してみた。 »

2014年11月16日 (日)

春日無線の真空管3バンドラジオ  AF-252 整備中。 ブロックコンデンサー

昨日の続きです。

①頭頂部の孔です。

029

電解コンデンサーは内圧が高くなると、防爆弁が開きます。

内圧が高まる理由はわかりますよね。

また、逆に内圧が下がると電解コンデンサーは内に向けて凹みます。

内圧が下がる理由は、 内圧が高まる理由とは正反対です。

ここで、内側に凹ませた電解コンデンサーの記事があります。

②手持ちの生きているブロックコンは、脚位置が違うので取り付きませんでした。

030

③平ラグでケミコンを取り付けました。

裏面には収納できませんでした。

031

シャーシも普通の輝きになっています。50年前のメッキにしては輝いてます。(手が疲れた)

032

033

ボリュームを回すと適正な重さなので、恐らくokだと想う。

後はネオン管が生きているか?

***************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33055085

春日無線の真空管3バンドラジオ  AF-252 整備中。 ブロックコンデンサーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ