Powered by Six Apart

« 真空管ラジオの製作  中波&短波 2バンド GT管ラジオ その5  IFT 6SD7 | メイン | 真空管ラジオの製作  中波&短波 2バンド GT管ラジオ その7 短波 局発コイル »

2014年9月19日 (金)

真空管ラジオの製作  中波&短波 2バンド GT管ラジオ その6  BC帯

IFTのコンデンサー交換したGTスーパーの続きです。

********************************

①455KhzのSG信号でIFT調整したのち、BC帯のトラッキングです。

トラッキングのやり方はWEB上に沢山あるので割愛する。

077

1950年代の雑誌を読むと、「スーパーラジオの調整には1week掛かる」とあった。

自前の測定器が無いと,実際に1週間は掛かるだろう。

バーアンテナで電波を拾うタイプのラジオは、SGからテストループで信号を飛ばして

アンテナコイルに誘導電圧を掛けて調整する。

②VRを絞ってのSP端でのVTVM値は、0.6mVより低い。(3mVレンジで計測)

078

③アンテナコイルは両面テープで仮止めしておく。

079

短波用コイルを載せると影響が微妙にあるので、まだ本固定はしない。

*******************************

続きます。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32815277

真空管ラジオの製作  中波&短波 2バンド GT管ラジオ その6  BC帯を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ