Powered by Six Apart

« トランスレスラジオ UA-360 2号機を手に入れた。修理予定は、未定。 | メイン | 真空管ラジオの製作 中波MT管6球ラジオ  自作局発コイル   検波は6AL5 »

2014年8月16日 (土)

真空管ラジオの製作  中波&短波 2バンド GT管ラジオ その1

先日の親子々バリコンを使った 中波/短波ラジオを製作してみたいと想っている。

球はGT管。IFは2段。第二検波は球が置けるなら6H6。置けないならダイオード検波。

真空管のヘテロダインラジオは、「キット・自作」でまだ20台ちょっとしか造っていない「駆け出し」なのでせめて50台くらいは造らないと半人前のはず。

100

バリコンのスペースが必要なので、ケースはリードのS-5になると想う。

S-5でも6球配置は苦しいと想う。

切り替えSWをWEB手配したが、「盆で物流しない」ので納期回答は18日以降とのこと。

9月には着手したい。

他励式ラジオを製作して経験したのだが、

先達が申すように7極管の6BE6や6SA7はノイズが確実に高い。

MY LINKに登録してあるJA9CDE氏もここで、その旨を明記されている。

実際に7極管はBC帯ラジオには使えるが、短波だとかなり疑問がつく。

BC帯メイン。短波はオマケと考えるならば、7極管6SA7で足りる。

「6SA7が7Mhz近傍でどの位の耳なのか?」も知りたい。

その2。

*********************************

真空管ラジオ GT管 中波&短波 2バンド 9号機

086

トータルで88台目の自作ラジオ。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32634407

真空管ラジオの製作  中波&短波 2バンド GT管ラジオ その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ