Powered by Six Apart

« 2球レフレックススーパーラジオの自作 その2 6688 6AW8 | メイン | エレキジャックNO,4のキット 短波ラジオ LA1050 SANYO その1 »

2014年7月13日 (日)

真空管ラジオ用455Khz IFT  日立 シャープ

IFTの1次側(P B 表記)が、天 or 地 の確認です。

以前、ここに記したように、やはりルールは無いようです。

①再びシャープ製

 前回とは型式が違う。

063

064

1次側(P B表記)は 地側。

②日立のIFT。

1st IFTの 1次側(P B表記)にサブコイルが巻かれているのが特徴。

2nd IFTは抵抗でダンプさせているのが特徴。

065

066

067

1次側(P B表記)は 地側。

ここまでを整理すると1次側(P B表記)

★COSMOS,STAR,タマディンは天側グループ

★松下、日立、シャープ、三菱は地側グループ

経験上、1次側(P B表記)は天側の方が回り込みに強い(過去の記事参照)

地側グループは、家電系とも読み取れる。

別なものが入手できたら 改めてUPする。

**************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32342761

真空管ラジオ用455Khz IFT  日立 シャープを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ