ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« 複合管で局発・混合の他励式真空管ラジオ その2 (6BQ7,6BA6,6AV6) | メイン | 複合管で局発・混合の他励式真空管ラジオ その3  通電してみた。(6BQ7,6AV6) »

2014年3月22日 (土)

6AV6をつかったラジオに手を加えた。(2013年の製作)

この6AV6ラジオに少し手を加えた。

バイアスを高抵抗(4.7MΩ)のグリッドリークで与えていたのを、

配線換えしてカソードバイアスにした。

理由は、製作時からずっと音に違和感を感じていたから。

加えて、CX-555 2号機を6AV6 カソードバイアスで鳴らしたら、

このグリッドリークバイアスのラジオよりも まともな音に聴こえたから。

084

085

カソード抵抗は470Ω。負荷抵抗は30KΩ。

音は改善された。

が、、、8334(6AN4)のような良い音にはまだまだ。

いつものように、AVCと信号ラインは別々。

***********************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32159577

6AV6をつかったラジオに手を加えた。(2013年の製作)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ