Powered by Six Apart

« TRIOのFMチューナーに通電してみた。TRIO FM-30 その2 | メイン | 松下 AM/FM 真空管ラジオ RE-760  これからメンテナンスです。その1 »

2013年9月 8日 (日)

FMチューナー をちょっと 調整。 TRIO FM-30 その3

この続きです。

手元の届いたままで、問題なくFM局が聞けていた真空管式FMチューナーFM-30です。

SGから信号を入れて調整します。

040

上ケースは外して、 IF信号10.7MhzをANT端子に入れます。

042

IFTのコアを回して、感度ピークを波形を見ながら揃えます。↑

IFTの上と下での減衰具合も、確認します。
10.6Mhz と10.8Mhzでの 信号の落ち方が同じになることを
確認しつつ10.7Mhzであわせます。

終段のIFTが1/20回転ほど づれていただけで、とても優秀でした。



041

受信バンドは78Mhz~90.5Mhzです。

オイラの地域では、民放FMが79.7。 NHKが84.0なので
2局とも普通に聞えています。

メーターが生きていないので、ここがやや淋しいです。

下手にいじくり壊してないので、前のオーナーに感謝しています。

043

FM局を受信中です。 ↑普通に聞えています。

真空管式チューナーも 良いものですね。

*************************************

FMレシーバー AF-20

070_3

★1963年頃の真空管のFMチューナーキットメンテナンスです。

チューナーパック方式です。

054_2

ナショナルさんも真空管FMチューナーを出されていましたね。

 ナシュナルのFM チューナー  ES-901のメンテも始めました。

078

超再生って知っておられます?

超再生式FMチューナーキットも面白いですよ。⇒記事

117

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/31826193

FMチューナー をちょっと 調整。 TRIO FM-30 その3を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ