ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« 再生式 2球ラジオ  その1 | メイン | 基礎実験のまとめ5 »

2013年2月27日 (水)

再生式 2球ラジオ  その2

夜半から雪になりましたね。

明日は、水ぽい雪で苦労しそうです。

回路研究中の「AM変調4球ワイヤレスマイク」は、しばらく保留にします。

オイラはお馬鹿なので、一点集中は不得意ですね。

*****************************

球は6GK5と6N2Pの予定です。

バーアンテナ位置は、間違えて寄せすぎました。

「エアバリコン⇔バーアンテナ」の耳がよくなる「適正距離」からは、近すぎます。

070

再生用コイルのターン数は、SGをいれてから考えます。

072

↑深く検討せずに、穴あけしているので、苦しい場所がかなりあります。

通電は明日、

**********************************

2013,FEB,23追記

087

チョークと電源トランスが25mmと近くて、無再生時にバズ音ぽくて全くアカンです。

再生を掛けると、テキストによく見られるブロッキングぽい波形になりました。

音量だけは取れたので、この電源トランスで「複合管+3極管」は鳴らせることは

わかりました。

レイアウトをし直するついでに、 これの2球タイプを狙ってみます。

↓これは1球でも民放を聞いても、SP端で0.2Vほどになります

088

**************************************************************:

TOP PAGE 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/31080867

再生式 2球ラジオ  その2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ