Powered by Six Apart

« 中国製 PJ-80  3.5Mhzの受信機 (receiver) その2 | メイン | 再生式 2球ラジオ  その2 »

2013年2月27日 (水)

再生式 2球ラジオ  その1

2月も半ばを過ぎて、まもなく卒業シーズンですね。

オイラは、この時期になると、「もう何度も東京へは行きましたね♪」を

聞きたくなります。

**********************************

真空管ラジオの製作です。

ラジオ少年の電源トランス「BT-OV」は、先日の「TX-1改」で思いのほか電流が取れたので、

このトランスで「2球ラジオも鳴らせるかな?」ってことで造りだしました。

063

↓横幅と奥行きは、ラジオ少年の1RW-DXと同じになってます。

064

ラジオ少年の1RW-DXは、複合管の6AB8を使っています。

オイラの1RW-DX(改)は、

①6EH8に換装

②1:3トランスで昇圧 と改変してあります。

これから、造るのは、

①チョーク負荷(ラジオ少年のCH-5)

②再生検波管は3極管

③AF段はロシアの6N2P

の3点だけ決めて、あとは造りながら考えます。

065

ロシア球の6N2Pにした理由は、「TX-1改」で電圧ゲインが66dbも取れたので

こりゃ具合良いと想ったからです。価格も安いし、良さそうです。

電源トランスの容量に留意しながら、進めます。

ブリッジで整流⇒平滑回路3段の予定。

ゲルマニウムラジオ(クリスタルラジオ)に100wアンプをつなげても耳はよくならないので

この2球ラジオはどうなるかなあ、、、。

過去の記事のように、1:3トランスの効果は絶大なので

AF段は2球だと、ゲインは10~15db程度は不足する予想です。

************************************************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/31033189

再生式 2球ラジオ  その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ