Powered by Six Apart

« 真空管式 FMワイヤレスマイクの製作開始 6AQ8 | メイン | 回路図 4球ラジオ 6688で高周波増幅 »

2012年8月 3日 (金)

オンキョーのトランスレス真空管ラジオ

「ラジオキット造り」から少し遠ざかっています。

4球ラジオも少し改善したいし、ワイヤレスマイクも面白いし、、、。

*******************************

空芯コイルの「メーカー製トランスレスラジオ」の実力も先日わかったので、

バーアンテナタイプのメーカー製真空管ラジオを入手しました。

ONKYOのトランスレスラジオです。OS-195。

006

↓配線は綺麗です。熱で黒くなった抵抗もありません。

(球も綺麗でしたので、さほど使用されなかったかな?)

001

ほこりを払ってから通電しました。放送が普通に聞えてきます。

↓バーアンテナなので、耳が良いです。

3S-STD  より耳がよいです。IFTの数の差ですね)

002

トラッキングは、ずれていませんでした。

↓今後劣化が予想される部品だけ換装。

003

↓インジケーター(指針)の下に、油紙が入ってます。油も充分ついてます。

「金属と金属の摺動部」なので、メーカーらしい気配りで、感心しました。

今風なら、「NTNのルーロン」や「オイレスの含油素材」を使って磨耗を

減らすようにするんだろうなあ、、、、、。

004

005

で、メンテ終了です。バーアンテナなのでよく聞えます。

トランスレスなので、ブーン音はありますが、VRを回すと判らなくなります。

********************************

オイラの環境だと、「真空管ラジオは、バーアンテナ必須」だと痛感しました。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/29483729

オンキョーのトランスレス真空管ラジオを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ