Powered by Six Apart

« 筐体 | メイン | IFTは変えてみました。6AW8+6GJ7(6GX7) »

2012年3月19日 (月)

波形は出た 6AW8+6GJ7

波形は出た。

073

球数のわりには、耳がよくない。それでも一応NHKは聞えた。

①TR用IFTは、負荷としては軽くてゲインが取れない気配。

(シールドを外すと10db近く上昇するので、こういう結合はロス多 )

TR用トランスと同じ傾向で、負荷としては軽すぎる感じ。

②OSCの配置が悪くて、周りの影響を受けている。

③トータルゲインでは、

レフレックス 1球 真空管 ラジオ (6GX7)より10db近く不足。

(トランス負荷の複合管1球に負けている現状)

方向性として、IFTを揃えて、 再製作の予定。

(RCAの6GJ7だとボボボと発振。カソードに4700μFをいれて止めた)

⇒6GX7を挿した。

072

周波数変換⇒6AW8(Tri) ゲインが取れる発振強度は不明中。

455IF        ⇒6AW8(PEN)

検波   ⇒1N60

AF 1段目 ⇒6GJ7(PEN)

AF 2段目 ⇒6GJ7(TRI)

*************************

「BC帯の上側の感度がスカスカで悪い」状態。

1,OSCコイルは、3S-STDと同一。

2,バーアンテナを3S-STDと交換しても 、上側は耳悪し。

↑原因を思案中。

*************************

075

結合Cは100PF+47Pのパラ。(100PF~200PFでゲインピーク)

⇒ピークにすると回り込むので、、、、、。減らすと耳悪いし、、、。(困ってます)

「TR用IFT」は、ちょっと???。

Ⅰ、昨年は、6KT8レフレックス⇒トランス負荷⇒6JC6で実験。

今回は、「6AW8⇒検波後は抵抗負荷⇒6GJ7」。

(トランス負荷だと、高音と低音がフラットにならずに、トランスに依存するので、

今回は抵抗負荷。ゲインが取れなければ、トランス負荷の採用あり)

Ⅱ、過去の実験で

抵抗負荷⇔「1:3トランス負荷」の差は、バルボル4レンジ分強

(バルボル読みで40db強)

真空管用「1:3トランス負荷」がベターです。(球2本分相当かな、、)

「NHK発行のラジオ技術書にも30db程度の差がある表」が載っています。

トランス負荷or抵抗負荷を選択するのは、自由ですね。

3月26日 追記

 「ゲイン不足は、IFT」と想ってましたが、変換部がどうも怪しいです。

*********************************************************

TOP PAGE

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ