Powered by Six Apart

« 局発 (6KT8) | メイン | 真空管 1球レフレックス ラジオ (6KT8) 製作中 »

2011年12月17日 (土)

まだ 実験中

「6EW6+6EW6」に聞え方が近くなってきつつある「6KT8+6JC6」です。

OSCコイルを触ると、受信周波数が変わるので、局発はOK.。

注入量がベスト?は、これからの実験です。

08

NHKを受信中↑。

トランジスタ用IFTも、一応使えることが判明。

静電結合の複同調で使うのですが、結合Cは100~200PFがベスト。

本製作では、配置に留意しよう、、、。

まだ、実験中。

追記2011/DEC/24

筐体を変えてみます。

*************************************************

TOP PAGE

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ