Powered by Six Apart

« KIT-9 6石 トランジスタラジオ キット | メイン | 真空管 3球スーパーラジオキット  3S-STD »

2011年8月 6日 (土)

単球 再生式ラジオ キット

本稿は、再生式真空管ラジオキットの製作記事です。

①自作の再生式ラジオ。 受信周波数をデジタル表示させたST管ラジオ。


YouTube: 再生式はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

②単球レフレックス式ラジオに再生を掛けて、耳UPした記事は 

レフレックス +再生 1球 真空管 ラジオ

********************************

ラジオ少年の単球ラジオ 1RW-DXです。

真空管のラジオキットですね。

16

17

球なしで 電圧確認。
⇒球挿して、動作確認です。


Freqは、antコイルを中央にすると410Khz~1255Khzでした。
端までよせて 490~1600Khz。

巻数が3~5回ほど多い感じです。

バーANTの感度peakを位置出し(ボンド固定)

18

SSGからテストループで信号入れます。

波形はこんな感じです。
ANT端子には5mのビニール電線つけてます。

8月20日 追記

「再生式」はさほど聞えないと想ってましたが、

先日の2R-DCが充分聞えています。

これは、「どうして劣るの?」状態です。

これから 色々とやって見ます。 

①再生コイルをもう4ターン増やし,2dbほど改善。(6ターン増だと 耳落ちました)

②再生バリコンがピーキーなので、方策を思案中。⇒子バリコン側を使うように変更。

「オシロで波形を見ながらだ」とFをズバリ合わせられます(当然ですね)。

*********************************************************

TOP PAGE

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ