ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« AIYIMA TUBE 6N3 T7 :周波数特性が公開されていた。 | メイン | yaha考 電位勾配の検討。 電子移動方向 »

2022年9月16日 (金)

コンサトーン Z503 整備済(自称) を入手した。 

見た目がよいラジオ。

Iimg1200x80016586677264pasyz285659

を入手した。

********************************************

P1010048

まず、接触中。 sp支持板はクラックが見れるがズリ落ちはまだしていない。spも3点留まっている。

P1010045

スピーカーの金属部と 受電ランプが通電できる状態にあった。

電源投入すると煙とか匂いとかはするとは思う。

P1010038

 

シャシーを取り出そうとしたら、ガラス板がスピーカーに当たって出てこない。(どうやって組み込んだのでしょうか?)

P1010054

はい12Fへの電線が焦げた跡あります。どうしてですか? 私はまだ通電してません。

ニオイもあるんだよね。 通常はこんな匂いはしてこないが、部屋丸ごとニオイに占有された。さて何があったのでしょうか?

P1010057

audio修理屋の手による修理品です。

IFTの半田を剥がしてIFTと6D6のクリアランス調整を始めた。6D6シールドと接触して駄目ぽ。 

P1010058

 6z-dh3aのヒータ配線では、「ノイズが強くなる工夫がされ」ている。   「コールド側配線で12FとUZ42が最も遠い線長になる工夫がされ」ている。

つまり、ハム音に対しての知識はゼロ。 「ラジオからはブーン音がして懐かしいわ」と思いつつ放送を聞いておられたと思う。 

P1010060

シャーシがZ503かどうかはこれから確認するが、 市販キットのような出来栄えだ。

対角長160mmのspがついてきた。

P1010063

P1010064

ねじ痕位置は対角で148mm前後。5.5インチくらいのspがついていたはず。どうして大サイズ化したのか?

audio修理屋の手による修理品です。下手による改悪品だと確信した。

*****************************************

方向性

1, 適正サイズのSPに換装する。

2, 磨いてみる。

3,燃えた跡のある電源トランスは絶縁度が下がっているので、基本は交換。トランスの焦跡ってのもレアではある。

4, 2nd IFTを小型のものにて6D6との接触は止めたい。ややレアな端子引き出しなので、鉄シャーシ加工も必要。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34252942

コンサトーン Z503 整備済(自称) を入手した。 を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ