Powered by Six Apart

« synchronous detection (同期検波)について② :検波IC | メイン | yaha amp考:12vで真空管を使う ⇒ JF1OZL氏の1992年CQ誌投稿(カソードバイアス) »

2021年1月 7日 (木)

ゼロバイアスの弱点 。ヒータを接地する理由。

yahoo出品や自作site,修理siteを診ると技術低下が酷く、「こんなことを知らずに修理しているのか??」状態なので基本を転用公開する。

経験と理論にて裏付けされたノウハウを否定してラジオ工作するのは、広義の反知性であるね。

転用元には非常に感謝申しあげます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

①ゼロバイアスの弱点

「部品交換作業者たちが好むゼロバイアス(グリッドリーク・バイアス)」は、沢山の弱点を持っている。「ゼロバイアスは歪む事実」は1952年では常識であるが、近年はそれすら知らない大人が主流で技術低下が酷いね。

ここに公開されている。

オイラ初めてゼロバイアスで製作した際に、酷く歪むので、慌ててカソードバイアスに戻した経験がある。

以来、カソードバイアスにしている。

これは推測だが、ゼロバイアスによる歪んだ音が好きな層が主流。あるいは歪認識できないボケた耳を持っているようで ゼロバイアスが今だに流行っている。

********************************************************************

安易にヒーター浮かせた作品をyahooで見掛けるので、彼らの学習用に転用させていただいた。 多謝。

②ヒータを接地する理由

Text

「兵頭 勉」執筆本に公開されているので、 知らないのは技術向上心のないおっさん達だ。 

***************************************************************

実装のノウハウ。

Text2

読めば、「どうすりゃいいか」が判る。 転用させていただいた。 多謝。

*****************************************************************


実装のノウハウ。

Text3

転用させていただいた。 多謝。

****************************************************


実装のノウハウ。

IFTと電源トランスとの距離確保について。

Text4

自作ラジオで配置が駄目な出品が多いので、彼らの技術向上のために転用させていただいた。 多謝。

*************************************************************

6z-dh3aをカソードバイアスで使った作例。 接地ピンは1番。

YouTube: My tube radio ,using radio counter as JH4ABZ type.

*******************************************************

ミニチュア管での作例。スピーカーはbell社のアルニコとレアです。感度よく受信できるのでスピーカーが負けてますね。


YouTube: 自作ラジオ :11月7日の入感

ノウハウは公開済みなので、右サイドバーメニューからご自由に閲覧ください。


YouTube: pwm transmitter : using ne555 for mw radio.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34219923

ゼロバイアスの弱点 。ヒータを接地する理由。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ