ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« 「自作ラジオのSN」 vs 「 市販DSPラジオのSN」比較。 | メイン | 真空管3A5で FMワイヤレスマイクを自作しよう。 »

2020年6月 3日 (水)

CA3028ダイレクトコンバージョンは差動入力に換えてみた

**********************************************************

CA3028は差動入力に換えてみた。

5dBほど改善されて、感度が出てきた。 

OSCを強く入れて感度をだすと 帰還発振するので、この程度。

RFの漏れ対策を載せてやれば NE612並みの感度にはなりそうだ。  

008

OSC周波数が下がった。

・同じ周波数帯のコイルが2つ載っているので互いに引き合う。差動にしたら半導体とコイルが直接続になるので同調周波数は下がる。それがそのままOSCコイルに影響を与えているようだ。

同調用Cは15PFほど減らすように、、。

************************************

差動にしたので基板はすこし変えた。

Ca3028dc

*************************************************************

比較にNE612 MINI.

(S+N)/N=6dBはこの前後だと想う

612mini03_3

***************************************************************

感度はでました。⇒ 記事

 

Rk9103

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34209697

CA3028ダイレクトコンバージョンは差動入力に換えてみたを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ