ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« ダイレクトコンバージョン受信基板 (7MHz):SN16913. | メイン | 50MHz AMトランシーバー自作基板。 受信部作動OK. RJX-601並感度。RK-77 »

2020年1月12日 (日)

真空管(6J1)+FET(2SK30A) マイク アンプ :自作


YouTube: one ic radio :ta7613 part 2


YouTube: LA1600 mini radio with lm386

****************************************************

真空管も使ったラジオの音


YouTube: 6AK5トーンコントロール付 LA1600ラジオ :RK-73


YouTube: 自作中波ラジオ: tda1072+12au7

************************************************************


YouTube: NE612 AM transmitter

*******************

SSB 或いはAMの送信音声に拘りのある方も多いだろう。 TA2011等のマイクコンプレッサーはせかせかしていて好きでないので、真空管をつかった音で楽しみたいものだ。

今日は、phone用mic-ampを製作した。「FETは音が良いと評判の2SK30」。 それにaudio愛好家で人気のある6AK5(6J1)を3結にした。 言わば音のよさで定評のあるデバイスを使った。

電源は10~12Vの0.3Aで足りる。

1、基板サイズはこの位。タバコケースより小さい。

Rk7901

*******************

2,

真空管ヒーターへは3端子レギュレータで5Vまたは6Vで供給する。 ヒーター5Vならば放熱板はほぼ不要。 6Vならば放熱板(ヒートシンク)サイズ 11x11程度は必要。

ヒーター電圧5vでも6vでもゲイン差は1dBくらい。 オイラとしては5Vでいいように想う。

Rk7902

Rk7903

Rk7904

*************************

3、

8kHzの信号を入れてみた。

Rk7905

4,

650Hzの信号を入れた。

Rk7906

5,

200Hzの信号を入れた。

Rk7907

回路図中の値で200Hz~8kHzまでフラットだ。SSBでは200Hzはカットしてしまうので、270Hz~2.9kHzが平坦であれば充分だ。

ゲインは丁度22dBになった。マイクアンプとして手頃な増幅度だ。

真空管メーカー毎に音色が違うので球を差し換えて楽しむこともできる。NFBを掛けるならば3dB程度。

*****************************

マイクアンプ(2SK30+6AK5).

基板ナンバー RK-79。

通算338作目。

***************************

・中華製6AK5(6J1)は12V印加時にゲインが取れないものが時折ありますので、数本用意し電圧特性のよいものをお使いください。

・12Vでもゲインの出る6J1を確認してキットにしました。 

Rk7908

Ans01

***********************

La1600zx15


YouTube: 同期検波(自作ラジオ)でnhkを聴く

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34199995

真空管(6J1)+FET(2SK30A) マイク アンプ :自作を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ