Powered by Six Apart

« 50MHz 超再生式トランシーバー基板: 受信感度はスーパーと同等以上でした | メイン | 八方、白馬村。リゾート。 »

2019年12月 4日 (水)

dsb トランシーバー基板。50MHz ,28MHz.

・dsb トランシーバー基板(RK-36)では、出力を100mWに抑えた。LM386はJF1OZLサイトのように45dBほどのゲインにした。

・LM386はやや癖のあるICで、データシートより増幅度をとる場合には上流のデバイスとの相性が発生する。 上流がTDA1072,TA2003等ラジオICであれば全く支障ないが、NE612だとやや苦労した。その辺りはRK-36の回路図をみればわかる。

感度はJH1FCZ氏が目安にしていた数値よりは良い。

RK-36は依然領布中。

**********************************

改定版を興した。

①FINALを追加し出力を0.5Wに上げた。(RK-65と同様)

②AF ICはメーカー推奨回路のLM386。 AFはTRを追加してAF部で60dBほどのゲインにした。

従来のTA2011のコンプレッサ-回路はそのままだ。

P1010010

RK-36のパワーUP版なので、RK-36v2になる。 基板サイズは1mmほど小さくなった。

003

・TX側は実績多数回路。WEBを見るとTA2011の前段にTRを入れているのはオイラだけらしい。このTA2011回路は、よく見かける回路ではcompスタートまで明らかにゲイン不足。つまりta2011前段には増幅回路は必要。

・RX側も実績多数回路。

このRK-36v2は年内に作動確認したい。

Ans01

***************************************************

ダブルスーパー受信式のAMトランシーバー基板は昨日shippingになった。感度良すぎて使い辛い可能性もあるが、RFの増幅度を下げる等でカバーしてほしい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34197226

dsb トランシーバー基板。50MHz ,28MHz.を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ