Powered by Six Apart

« 日米同盟における日本。 | メイン | PWM電波を真空管ラジオで聴いてみた »

2019年11月 9日 (土)

タイマーIC の7555:AM変調の実験中. 中波帯でのパルス幅変調実験。

「タイマーIC 555: am周波数帯で変調したらどうなの?」

PWM変調がラジオ工作界にずいぶん浸透してきている。 ただし「パワー/投影面積」では従来のAB2作動に比べるとまだまだらしい。

PWMのお手軽実験を行った。

*********************

・直結型変調は 泉 弘志先生の回路公開(2SB トランジスタ)から遅れること5年あまりのちに、JH1FCZ氏が「変調トランスレス変調」とネーミングしていた。 エネルギー供給を強弱することにより変調が掛かる方式だ。 この直結型を50年後のいま「アナログ直列変調」と身勝手なネーミングしているらしいが、それはエンジニア界での背乗り行為になる。まあね、背乗りがお得意な方々も居るからね。

・他手法としてAF信号を スイッチングすれば変調が掛かる。 スイッチングする周波数が搬送波周波数になる。 この時スイッチング波の波形は不問である。 包絡検波では搬送波を除去するからだ。

・これ写真はcq誌通りに付属送信基板を実装したもの。 ここ。

076

 

**********************

①タイマーIC 7555  IPA (ハリス) をOSCさせてみた。data sheet では1MHzがosc上限ではあるが、1.622MHzでも発振した。

3MHz上限ではLMC555がある。LMCで短波用にしたほうがノイズが小さくてベターのように思う。

034

031

c=330pfにしたら この周波数になった。 duty比は同じのはずだが、波形のダレは違う。

032

「タイマーIC 555で 変調したらどうなの?」の基板。

033

036

低周波信号を入れて飛ばした。 受信できた。

035

am変調できた。倍音にならずに聴こえてくる。CRによるOSCだが随分と安定している。 

OSC強度がここまで強いとは想っていなかったので、MIC ゲインが不足気味。

「AMラジオで聞こえる?変調実験」として手頃なデバイスだ。


YouTube: タイマーIC の7555:AM変調でトライ中。

通算326作目。 「555tx :中波帯変調」実験基板になる。 基板ナンバー RK-68.

生成された波形は、乗算回路のそれとは違う。PAMのモデル波形とも違う。

データシートによれば パルス幅変調(PWM)になる。

Photo

 PWMの代表的波形とはやや違う。「トリガーが巧く掛からない搬送波」のような波形だった。計測が拙いのか? とも想っているので、のちほど。

555を使ったAM検波ラジオ回路も多数ある。日本語で書かれていないので理解するのに時間を要する。

別な動画もあげてみた。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34195265

タイマーIC の7555:AM変調の実験中. 中波帯でのパルス幅変調実験。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ