Powered by Six Apart

« 小型の自作レフレックスラジオ:この位の聞こえ方 | メイン | チューニングLED付き自作ラジオ基板. 2SC1815. »

2019年11月17日 (日)

「ALC内蔵モノラルアンプ NJM2783」を使ったマイクコンプレッサー基板

NJM2783は不良確率が低くないので注意。

過去記事の再掲

*************************

先日の実験は どうやらIC不良らしいことが判ってきた。 今日は先日とは挙動が違う。SSM2166では不良ICに3回遭遇したが、NJM2783も初品は不良を当てたようだ。

少し工夫してみた。

037

下写真のように幾つかトランジスタが載っている。

038

040

ここまで入れるとクリップする。この時、0.98V程度の出力。(データシート通り)

041

042

043

上の写真中に赤ペン文字があるように、0.3mV入力でCOMP状態にした。メーカーは1.5mV近傍からcompスタートだが、もっと小さい入力でもcompできる回路にした。 今回はクリップしないのでこの状態が正しいことが判った。前回はic不良だね。

ICの不良はわりと頻繁にある。某メーカー製のシーケンサーがIC不良によりメーカー回収されたことも経験しているオイラからすれば、「もっと上手につくってね」。これは新聞等で報道されていない「秘密」の事案だ。 噂では, 2万個を回収/交換したと聞いた。

HDDの大量不良事案を覚えておいでだろう、、15年くらい前か?。あれは確か純水の純度が低いことに起因していたように覚えている。新聞・webでも話題になっていた。これは公開された事案だが製造者側は瑕疵を認めなかったんじゃないかな、、。

予想より良いICだと判ったので、本基板は、このレイアウトを見直して再手配した。 

2018年3月26日 追記

修正基板が届き、 回路確定しました。

トークパワーのupにお使いください。 動画の基板(RK-14) は領布中です。


YouTube: Using NJM2783 , mic-comp P.C.B

Ans01

top page

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34195962

「ALC内蔵モノラルアンプ NJM2783」を使ったマイクコンプレッサー基板を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ