Powered by Six Apart

« 50MHz AM 送信機 : qrp-tx基板です。3.5~50MHzまで対応。 | メイン | テコンドー 金原会長 »

2019年10月 8日 (火)

ダブルバランスドミキサー njm2594:


YouTube: ロクタル管自作ラジオで youtubeを聴く

*********************

JRCからdbm NJM2594が2002年9月に@500円サンプル出荷されて、正規販売は2003年1月から行われている。エミッタフォロワとコレクタフォロワでの出力がセールスポイントではある

同じく2出力タイプのdbm同等品が、CANパッケージ時代からリリースされている事実がある。40年を超える歴史を有する。

データシートを挙げておく。(DIP品はSL1640C, 1641c).欧州での作例が見つかる。

Sl640_641

 

 

 

Mdmeeonnetsjgjkx4vpmjkg

dbm変調時の調整は下図。SSB運用を念頭にいれて開発したことが判る。

00323

・JRCにとってはnjm2594は新製品だが、市場では40年ほど遅れたセカンドリリース品扱い。

後発品njm2594は、SL640のダウンサイズだろう。

02334

先行販売品が終了したので、間隙でリリースか? とも充分に思える。

・オイラは「市場から消えていたのが復活して喜んでいます」が直な感想。しかしdip 品が使い易いのも事実。

・後発リリース品を良いデバイスだと持ち上げるならば、先行品のことは知らぬ可能性大ですね。日本製の性能が高いと信じているならば、それは神話に近いですね。日本国内の会社では製造不能と云われた1MHz HC-49 crystalが中国では楽勝生産されていますね。

*********************

ノイズを発生させる3端子レギュレータを製造している事実があります。戦前からのメーカーですがラジオにはちょと使えませんね。技術があるならば、、、とある市場を独占していたのですが、後発のboschに市場の6割を取られるような様にはなりません。 

ノイズ流出しないのは サトー電気さんのwebにて明示してあります。

、、、とオイラは開発技術のあるPlesseyの製品を使用中。sl1641.

いまさら感のあるnjm2594を自作で使うメリットは無いだろう。(データシートで確認するとターゲット周波数はほぼ同じ、単にリフロー用にした?). dip品でsocket仕様が半田も楽でやはり使いやすい。 

純水純度が1ケタ向上しているが性能には反映されないものらしい。スモールサイズには貢献するがこの程度の周波数帯デバイスには純水度向上による反映具合が外部からはわかり難い。

 

2009424204634254

 

Sl164107

 

***********************

トランジスタで構成したラジオがベースです。455kHz信号を同期検波UTに受け渡しています。


YouTube: 同期検波(自作ラジオ)でnhkを聴く


YouTube: AM transmitter ,using mc1496.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34192522

ダブルバランスドミキサー njm2594:を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ