Powered by Six Apart

« KP-12AのようなARA方式マイクコンプレッサーについて | メイン | 今治市の奴隷労働。  »

2019年9月14日 (土)

機械設計屋のオイラからみての風速考。

***********************

千葉県の状況が伝えられるようになってきた。

千葉の県知事とは「月曜日・火曜日と連絡が取れなかった?」との話が一部で聞こえるが真相は不明

・まず、設計風速は電気事業法で定められておりその数値で計算する。千葉県は風速30~34m/sで計算する記憶。台風は上陸後も風速40m/s程度は常々観測されているので、設計に用いる数値がもともと甘い。 

・偶々別案件で安全側に倒して数値決定すると オーバースペックとの指摘を行政から受けた。行政とはそう云う組織。

8d398_1231_17ed2b5483e0742ee95a0a47

・オイラの田舎では「電信柱価格 + 建立費」は20万円ほど。撤去費用別途で2000本ならば4億円。

・倒木立ち木伐採には国家ライセンスが必要。

・特に送電線周囲の伐採にはやや高度なライセンスが必要。無資格者では駄目。これも電力利権の絡みがあり、一般人には取得不能。

*******************

・森田知事が国と掛け合って「今回に限り上記ライセンス不要」の通達を 国土交通省:担当部局長から貰えばそれで済むことだが、無能すぎてどうしてよいか判らんらしい。

・ドンキホーテ(韓国系企業)からの献金はいまも継続中かどうか、レポーターは質問しろよ。

◇tv局は自前のヘリで空撮しているはずだが、報道管制中のようで空撮映像が公開されない。物凄く不自然。

nhkには韓国と中国の放送局が同居しているので、中立ではありません。忖度、忖度。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34190528

機械設計屋のオイラからみての風速考。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ