Powered by Six Apart

« 自作用455kHz発振器キット。ラジオの調整に、、。セラミックレゾネーターを使う。 | メイン | 日本「日本の製品は世界一!」 »

2019年6月 7日 (金)

自然な感じのマイクコンプレッサーになった。RK-56

************************

AN829基板を今日も通電確認してみた。

この位のMIC信号でCOMPスタートにしてみた。

An82911

入力が30dB増えても出力はそのまま。 13番ピン電圧は2V前後。

COMP量は30dB近い。

COMP量はマイクゲインとのトレードオフになる。

An82912

・9V乾電池駆動だと、13番PIN電圧が2V辺りでAN829が歪み出すので注意。12V駆動の方がよいように想う。

・an829前段の増幅度は24~27dBくらいがよさそうだ。 

***************

an829は若松に在庫あり。yahooにもあった記憶。


YouTube: mic-comp using an829,panasonic

落ち着いてphoneの音を楽しむ方向けです。 comp作動時の違和感が弱く随分と自然な感じです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34181409

自然な感じのマイクコンプレッサーになった。RK-56を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ