Powered by Six Apart

« 日本「日本の製品は世界一!」 | メイン | LM13700 。CA3080 »

2019年6月 9日 (日)

マイクコンプレッサー基板が完成しました。AN829 for amateur radio.

大人のマイクコンプレッサー AN829をキットにしました。

comp音を聴くと、mic-comp用ICとは違いがあります。

AN829前段には2石直結アンプを入れ,NFBを掛け低歪化している。この前段アンプのゲイン小だとCOMPレンジが増えるが、使いにくくなるのでサジ加減が必要。

An82921

An82922

◇◇

「ジャパ~ン」と叫びたい方には、SSM2166,TA2011,NJM2783をお薦めします。

深くて良い変調でQSOを楽しむならば、このAN829をお薦めします。

************************

この位のMIC信号でCOMPスタートにしてみた。

An82911

入力が30dB増えても出力はそのまま。 13番ピン電圧は2V前後。

COMP量は30dB近い。

COMP量はマイクゲインとのトレードオフになる。

An82912

・9V乾電池駆動だと、13番PIN電圧が2V辺りでAN829が歪み出すので注意。12V駆動の方がよいように想う。

・an829前段の増幅度は24~27dBくらいがよさそうだ。 

***************


YouTube: mic-comp using an829,panasonic

落ち着いてphoneの音を楽しむ方向けです。 comp作動時の違和感が弱く随分と自然な感じです

Ans01

・パイルアップを突きぬけるには、音が尖っていることが重要です。歪が耳に付くので識別しやすいです。常時音としては全く駄目ですが、突き抜けるには歪も考慮します。

・本コンプレッサーはNFBが20dB以上掛かるので、パイルアップ用途ではありません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34181492

マイクコンプレッサー基板が完成しました。AN829 for amateur radio.を参照しているブログ:

コメント

お世話になっております。
興味があったキットが出来たようで、私も分けていただきたいです。
オークションのほうで入手できますか?

お世話になります。
他のキット同様にyahooに明日出品します。部品点数は90点を超えていますので、製作ボリュームはややあります。


 

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ