Powered by Six Apart

« マイクコンプレッサー基板が完成しました。AN829 for amateur radio. | メイン | 「レフレックス+再生」式 単球ラジオ »

2019年6月10日 (月)

LM13700 。CA3080

****************

LM13700が現行品らしい。CA3080はJA1AYO丹羽OMが製作記事に上げていた記憶だ。CA3028は先日使ってみたデバイスだ。

AN829と同じように制御電圧の発生させ具合で時定数が載ってくる。

コントロールデバイスとしてJ117を使ったものが市販流通している。 

FM放送局向けの業務用製品には上記とは異なるデバイスが使われている。

TDA1054も割合に使われているらしい。日本のTA2011と同じ感覚のようだ。

BBDも検討中。

TCA440は中波用で基板手配した。

過日の同期検波はバーアンテナレスの短波ならばあの定数でOKなことを確認した。中波帯でもPLL用ICを使わずにできる道を検討中。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34181605

LM13700 。CA3080を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ