Powered by Six Apart

« 5球スーパーラジオ自作。実装の肝 その3。 IFTの方向性 | メイン | SN16913でAM/DSB 送信基板(QRP)。 開発終了した。 »

2019年5月 4日 (土)

5球スーパーラジオ自作。実装の肝 その4。 ツマミ軸。完成。

*******************

⑬テンションスプリング: 線径は重要。

プーリーを購入すると付属はしてくるが、線径が細い。

下のok品は線径0.45mm。 

012

線径は0.45~0.5mmにしたい。

糸長が長いほどbufferinngがますます必要になるので、糸長に合わせた吸収代が求められる。諸処確認してみると糸の伸び率を1~2%にしてその伸びが吸収できる「バネの伸縮量」にするのが良さそうだ。

糸長250mmであれば4mmほどはバネで吸収したい。

最近はsotecでネット販売しているので、それを推奨。

⑭ツマミ軸:

これは 既報のようにオイラの設計品。オイラのcad図面通りに出来ている。

013

⑮ 残留ノイズ波形:

sp端でのVTVM値は0.7mV。 やや高いのはOSCからの漏れが強いようだ。 OSCはもう少し弱いほうがgoodらしい。波形の凸凹は真空管を載せかえる度に多少異なってくる。

ことミニチュア管ではシャープ製真空管が最も低ノイズだ。人気は無いが性能高いシャープ真空管。

014

トーンコントロール付きst管ラジオが完成した。

⑯OSCコイル。

ラジオ少年、祐徳電子から販売されている。2011年製造のコイルと現行販売品ではOSC強度がかなり違うので注意。

 現行品の発振強度分布からみて、バンド低域側での強度低下が強い。結果、低域側での感度が劣る。この劣りを補正する技が必要になる。具体的にはOSCコア回して感度がピクンと上がるコア位置が520~528kHz近傍で存在するので、そこを受信下限にする。測定器必須だ、

オイラが真空管ラジオを触り出した頃のものは、低域の垂れがかなり弱い。現行品のタップ位置がやや外側だと推測できる。この事象は、製造側は気ついていないし、無頓着に製造しているようだ。部材購入の折に連絡したが無返答だった。

発振強度分布重視であればoscコイル手巻きしかない。

054

053

*********

通算287作目。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34177876

5球スーパーラジオ自作。実装の肝 その4。 ツマミ軸。完成。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ