Powered by Six Apart

« 5球スーパーラジオ自作。実装の肝 その2。出力トランス | メイン | 5球スーパーラジオ自作。実装の肝 その4。 ツマミ軸。完成。 »

2019年5月 3日 (金)

5球スーパーラジオ自作。実装の肝 その3。 IFTの方向性

******************

その1, その2 の続。 大方、まとまってきた。

⑩OSC信号の貰い方

周波数表示器を使うにあたり局発信号を貰ってくる必要がある。ここに公開済み

写真のようにツイスト線によるC結合で貰ってくる。この方式だと短波帯もOK.

009

⑪トラッキングは0.1mm位毎に。テストループは必須です。

バーアンテナのコイル位置で感度が左右される。

0.1mm程度づつ移動させるのがノウハウ。

本業が機械設計屋なので、仕事では位置会わせにpick testerを使いながら組み付け位置 0.005mm程度には追い込むのが当然。それに比べると、バーアンテナ調整は随分と楽ではあるが誤差範囲0.1mm程度に入れたい。

010

⑫IFTの方向性

過去公開済みのように方向性はJIS等での定めは無い。「家電メーカー 対 部品メーカー」の市場優位性において争いがあったようで、方向は互いに真逆だ。

帰還発振が最も起こりにくい「山中電気」式にするのが正しい。

、、とマジックアイの確認も出来た。

011

magic eye はロシア製はかなり駄目だ。綺麗な扇にならない。色合いも弱い。良いものがある割合は3割程度。

テレフンケンの6BR5がベスト。 ロシア球の倍以上の価格だが質が良い。

*******************


YouTube: スマホでラジオauxへ入れる

in-take amp 内蔵の自作ラジオ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34177839

5球スーパーラジオ自作。実装の肝 その3。 IFTの方向性を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ