Powered by Six Apart

« 6R-DHV1 | メイン | トランジスタのベースに信号を加えて変調 の謎 その1 »

2019年4月12日 (金)

自作のスーパーラジオ:RF/IFは3石 + AFはLM386

自作の基板紹介。


YouTube: 小型自作ラジオ:RK-44

鳴り具合は動画参照。

上のラジオのダイオード検波を同期検波に進化したラジオを今実験中。 感度は2P3とイコール。

夜間のフェージングでAGCの効き具合を含めて鳴らして確認した。

感度は悪い順にLA1600ラジオ。(aitendoキットよりは聞こえる)

その後は横並びで、キット2P3, RK-44,RK-34. 

下写真のようにLA1600基板は短波もバーアンテナ作動。

La160027

La160028

 

********************

キット2P3を購入し忘れた方向けに、RKー44を推奨します。

実測感度はこのような塩梅です。 ラジオ基板は剥き出し状態で計測していますので、アルミケースに入れるとノイズ(N)がさがり、感度はもう少し改善されます。

また、FCZコイルの1次側に直接信号を入れていますが、コイルのZが今ひとつ不明(Zについての公開値を調べています)です。

060_2

Tda107208_3

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34175761

自作のスーパーラジオ:RF/IFは3石 + AFはLM386を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ