Powered by Six Apart

« TA7320でAMトランスミッター。 電波を飛ばして確認。 | メイン | ダブルスーパーの初自作(実装中)。 »

2019年2月 5日 (火)

真空管ラジオ向けの周波数カウンター。

アベノミックスの成果が、統計法違反による捏造ってことだから、アフリカよりも民度が低いと云われる国が、アジアにあります。

「正規標本による資料が皆無」ってのが、この国の監督官庁による行政なので、 そりゃ違反者を取りしまれる道理は、明後日な方向だ。

画して年貢だけは絞り取られる貧困層拡大政策はえんえんと続くのだ。

**************************

6dcae44ea9d64bfc9cc5e0497667a24a

***********************************

かねてからご紹介してきた周波数カウンターが基板になりました。いままでプロト基板でしたが、修正版が届きましたのでupします。自作派のお手伝い用に基板(pcb)を興しました。

受信周波数直読式です

「中波、短波の自作ラジオ」のデジタル表示に使えます。

 

基板在庫は成り行きですのでいつもあるとは限りません。MY 基板・SHOPに在庫数がUPされていれば在ります

3端子レギュレータは電波ノイズ源に為る商品からノイズゼロ品まで他種ありますので、ノイズレベルを確認して用いてください。

 

LEDダイナミック点灯式

★「マイナス455モード」で局発周波数から455引いた数字を表示します。スーパーラジオ向け。

★「マイナスゼロモード」で実発信周波数を表示します。再生式ラジオにgoodです。

BC帯⇔9.999MHzまでカバー.10.001MHz以上は下4桁表示。

JH4ABZ式表示器の販売終了(2016年11月)に伴い、JH4ABZ氏に承諾いただき興しました。多謝 JH4ABZ殿.

015

再生式ラジオにはこれですね。

 回路は同一で、基板は少し小型にしました。

マイコン書き込みはJH4ABZ氏が500円/1個で行っておられます

352

087_3

 

RF部のパターンがJH4ABZ氏領布品と異なります。結果、安定度と感度ともにupしました.


YouTube: RADIO COUNTER

printed circuit boardで取り扱い中。

◇picに拠るダイナミック点灯式ですので、周期ノイズが発生します。電波で飛ぶほどの強さはありませんが電源ラインへ漏れ出てます。その事に気ついて製作している方は至って少数です。 「単純に鳴れば良い・機器ノイズが高くても気にしない」のが時流のようです。

ここにあげたように3端子レギュレータの漏れ阻止能力はほぼゼロですので、電子工作市場には良い物はありません。

オイラは、ハンドメイドでtrap基板をつくって使用しています。これがノウハウのひとつです。

085

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34168602

真空管ラジオ向けの周波数カウンター。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ