ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« 真空管ラジオ向けの周波数カウンター。 | メイン | 三菱のIIL M54821Pの周波数カウンタ »

2019年2月 5日 (火)

ダブルスーパーの初自作(実装中)。Sメーター対応。

自作派むけに数種類のダブルスーパー基板を興してある。 ⇒ ここ

1, LA1600を採用したもの。AM/SSB/CW

ダブルスーパー (親LA1600):  bfo注入式 ⇒am.ssb,cw 対応

RJX-601並みの感度

La1600zx14

2, TDA1072を採用したもの。 AM only.

ダブルスーパー (親TDA1072): ⇒am 対応、Sメーター対応。

1st IFにはCA3028.

ARDF向け。エアバンド向け。RJX-601並みの感度。

Rx302805

 

Rx302808

3, TDA1083を採用したもの ⇒ ここ。AM/SSB/CW

プロダクト検波でssbで復調。

Babafumika259

******************************************************************

以下、オイラにとって初のダブルダブルスーパー基板のお話。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

初めてダブルスーパー基板にトライしてみた。

ダブルスーパーのプロト基板に少し実装した。 「tda1072ラジオ基板 RK-20」の延長になる。tda1072は66MHzでも自励作動するので、1st oscを80MHzにすればARDFでも使えると想う。

mixer NE612(SA612)は200MHzでも作動するとデータシートにある。sa612でオーバートーン作動させても周波数がフラフラするので、sa612はファンダosc向き。つまり25MHz辺りから上のoscは外部oscになる。

1st OSCはトランジスタ式発振回路: オーバートーンもファンデも対応の優れもの。

水晶振動子は今回48.00MHz.

017

程よい強さでoscしてきた。 この当りの定数はdsb-trxから持ってきている。

ne612には0.7~1.4v程度の注入が良いようだ。 注入量の大小による感度差異も今回データが取れるはずだ。

016

 

大方実装できたので、続きは明日。

018

**************************

ne612はオーバートーン不向きな等価回路ゆえに、外部oscにて作動させている。

VKのメンバーに云わせれば、S042P > NE612(SA612) らしい。 実際、波形を見るとS042Pが優れている。今回はRK-20の配置をモデファイしているのでS042Pは置けなかった。

おいおいとS042P仕様のダブルスーパーも検討する。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34168625

ダブルスーパーの初自作(実装中)。Sメーター対応。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ